文化祭

 遅ればせながら・・秋の文化祭が11月13日植木町文化センターもて開催された。
今年も昨年同様着付けの会と合同開催である。
お忙しい中、藤井修一特例区区長もお越し頂いた。ありがたいことである。
 ますは会の盛会と安全を祈願して・・

a0219015_21123262.jpg
a0219015_2183198.jpg
a0219015_21113355.jpg  今年から文化協会長が徳山征四郎会長から牧野久仁博会長へと変った。前回の徳山会長も一生懸命まさに身銭をきって会の盛り上げに力を注いで頂いたと思っている。今の会長はまだ就任して半年ほどだが、自身が絵画や社交ダンス、合唱団員や劇団員として活動をされているから 舞台事業に関してはいささか力が入るようである。

 熊本市になった植木町だが、今までの熊本市には独立した文化協会はなくこの様に文化祭活動などは行なわれていない。今後まもなくまさに合併して一つの熊本市となるわけだが、この度合併した富合町、城南町、植木町には現在継続して文化教会活動が行なわれている。
 今後どのようになっていくのか見ものである。
・・文化とは目に見えて「損得」で見分けられるものではないが、以前の植木町では、「昼の日中から三味線弾いて・・」と白い目で見られていたらしく、いや 今でもまだ他の町でもその様な話を耳にすることがある。
 今頃になって 私は「文化」と言う言葉をやっと理解できる様になった気がする。
文化レベルの違いは生活レベルの違いに匹敵すると言っても過言ではないと思うが、貧富の差と言うことでもない。
しかし 「文化レベルの向上」はとても大切だと思う。なぜなら「心を養う」ことに通じると思うからである。
難しいことは分からないが・・そうだと思う。
[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-11-22 21:42 | 秀美会