<   2013年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

山鹿灯籠踊り保存会

 今週の灯篭踊り保存会の練習会場は 鹿央町の公民館(元役場)。

なかなか行き慣れない場所なので カーナビで探しながらやっと行き着いた。


 ここ最近、この2・3年の間に 保存会の地方(じかた)は いきなり倍増した。 それも若手だ。

小さい頃から三味線や民謡を習っていた人が8割で全くの初心者は2割。

 しかし みんなよく頑張って 歌や三味線・鳴り物・笛・・・それぞれに後継者が育っている。

思えばとても有難いことだ。

 今のうちに ちゃんと育成しておかなければ・・。と思う。

a0219015_18261743.jpg


a0219015_18264043.jpg

[PR]

by honjoh-hidemi | 2013-07-17 18:28 | 伝統芸能

お盆

a0219015_21274232.jpg お盆には提灯を下げてお墓にご先祖様をお迎えに行く。
 そんな風景は 今どき 珍しいのではないだろうか??

   でも 我が家は まだその形をそのまま残して 昔と同じように 
    13日の夕方になると家族全員で裏のお墓に出向き
    お参りをして 提灯に灯りをつけてご先祖様を家へとお連れするのである。

    ホント 昔と何も変わっていない。

        変わったと言えば 顔ぶれが変わった。
a0219015_21292860.jpg
   以前いた 両親や祖母ではなく
   孫の孝心たち3人の幼児がついて来て・・・
       両親や祖父母をお迎えに行く面々だ。

   時は移り行けども これらの風習は残しておきたいものである。
[PR]

by honjoh-hidemi | 2013-07-14 21:33 | 宗教

カラス

 私の畑???は 大変日当たりがよく野菜や花が大きく育つ。しかしながら育ちすぎて・大きくなりすぎて肝心の花が咲かなかったり・・とか???

 マイ菜園初年度の私は、分からないことだらけで・・・でも 一生懸命『水やり』だけは頑張っています。

a0219015_22294757.jpga0219015_2230030.jpg 
 




















 しかしながら・・・この頃・・・・。
    トマトの赤い実が 時々 散らばっているのであります。
      ?????????????????????

a0219015_22341410.jpg

イチゴの時も 同じような時があって・・・・。
 その時は誰だろう????って 人間を疑ってみたこともあったけど
  いやいや  やはり 犯人はあいつだ!!
  そう この辺を縄張りにしている きっと あの≪カラス≫だ!!
  折角 きれいに熟れるのを待っているのに 急いでとらなければならない羽目になった。

  
・・そこで 一句
  「 オイ カラス033.gif 食べても良いが 後片付けも 忘れるな」   ってね003.gif

a0219015_22393672.jpg
a0219015_22395716.jpg 上は 赤くなり始めて「鷹の爪」

  ※ 今日の空 ※
  きれいな空だった。
  予報では 雨が降る・・ンじゃなかったかな??
  そんな気配は 感じられないほどの きれいな空。
  気持ちはいいけど やっぱ
   ・・・・・・・・・・・・・・暑過ぎだよね007.gif
[PR]

by honjoh-hidemi | 2013-07-13 22:46 | その他

ベンツとBMW

そう ひと月程前の話。
 高速道路を北九州へ向けて走っていると 走行車線に結構ゆっくりと走っている黒の車。
追い越し車線に入り スッと追い越した車は ベンツのスポーツカー。
「結構おとなしい人だな~」と思いながら そのまま追い越し車線を走行。

 しばらくすると 何か後ろから追われている気配がしたので、仕方なく走行車線へ車線変更。
その車は 白っぽいBMW.・・・・やっぱ いい車は強気だよね!!
 久留米あたりになると 結構車は多くなってきた。

 追い越し車線を走っていた私の2台前には先ほどのBMW. 
BMWの彼は、先に出たいのだけれど 渋滞もあって なかなか追い越せない状況だ。
 そんな中 よく・・目を凝らしてみたら いつの間にか 先ほどの黒のベンツがそのBMWの前にいた。

 気のせいか・・・その(ベンツとBMW)辺りは 緊張が漂い何となくハラハラする状態のように感じてしまった。・・・・そんな時間がしばらく続き・・・。

 痺れを切らして BMWは 走行車線へ出て 追い越し車線の車を追い越しにかかった。
・・が なかなか追い越すことは出来ない。しかし そうこうしている間に BMWは すっとベンツの前に入った。   と・・途端に(あのおとなしいと思っていた)ベンツは、負けじと すぐさま走行車線へ出て 狭い狭い車間であろうけれども まさに 無理やり・・・BMWの前に割り込んだ。
 
   エエエエッ!!! こんな高速道路の真ん中で そんな無茶な割り込みしていいの???

 その様をずっと見ていた私は、ハラハラドキドキ。

 やっぱ ベンツは BMWには負けたくなかったんだろうなぁ~。

 その後 ベンツは次の鳥栖で降りて行った。

    心なしか BMWの車は ホッとしたように見えた。

 眠りかぶって走行していた私は、おかげで目が冴えて・・無事目的地に着きました。
    お世話になりました003.gif
[PR]

by honjoh-hidemi | 2013-07-12 22:10 | その他

熱い風呂

 夏は・・・
いや 季節の変わり目は 大体 体がだるくなり・・きつくなり 
あんまり調子が良くない時が・・・時々起るのだけれども なんとなく今が そんな時期なのだろうか???

 頭が痛く 頭痛薬を飲んだり いや 片頭痛かな~って思ったり・・。

 情報によりますと!!! 熱いお風呂は 疲れを取る とか・・・。

 だから 今日は思い切って とっても熱~~いお風呂に 真っ赤になって入ってきました。

大体いつもは ぬるめなのだけれども・・元気が出るため!疲れを取るため!

 だから今日は 早く やすみましょう!

 あっ ショウガやトウガラシ等々・・ピリッとした食事も良いらしいから・・・

  明日から ピリリも 効かせて!!!

    ピリっとしましょかね!
 
[PR]

by honjoh-hidemi | 2013-07-11 22:07 | その他

「ハイヤ追分」

 以前 お話しした「ハイヤ追分」の曲。
 実は 6月29日(土)~30日(日)が 牛深ハイヤ節大会の開催日で そのアトラクション(30日のお昼頃)に出演するようにプログラムが組まれていた。

 しかし 30日が父の葬儀となってしまったので 如何したものか・・と考えた挙句、福島竹峰先生に代わって披露してもらうようにお願いした。

 大会終了後日、浜口氏がリハーサルの時に録音した音を聞かせてもらったが よく唄って頂いた。
  「いい曲が出来ましたね」と言って頂いたそうで・・よかったよかった。

 
  
    「ハイヤ追分」   作詞:浜口俊篁

     
        明けのコチ風 帆前に受けて (エンヤサー エンヤサー)
          かすむ灯りが 帆先に揺れる (エンヤサー エンヤサー)
            あれが 牛深 風待ちみなと  ドンーント エンヤサ

 
      (尺八唄)
              黒島過ぎて 取坂みれば (エンヤサー エンヤサー)
                  はまゆう姿 舞い踊る (エンヤサー エンヤサー)


        千鳥鳴く音に  涙がほろり (エンヤサー エンヤサー)
          ハイヤ吹かれて 北前船が (エンヤサー エンヤサー)
            蝦夷は遠いね 帆をはらませて ドント エンヤサー
 


  060.gifドン ツ テン レン 060.gifドン ツ テン レン
   ・・・の三味線の音が 波の音のように聞こえ・・・
     自分でも お気に入りの曲です。
   
    機会があれば聴いて下さい003.gif
 
[PR]

by honjoh-hidemi | 2013-07-10 19:16 | 新曲

さくら湯演奏会

 今日火曜日は 山鹿灯籠踊り保存会の稽古日。
今月は 「灯籠祭り」の前ということもあってか 稽古の場所があちこちに飛ぶ。

 先週は 鹿本町:ひだまり
 今週は さくら湯・・・池の間の稽古とさくら湯休憩室での演奏発表
 来週は 鹿央町の元役場後???
 来来週 中央公民館・・・・ってな具合だ。

 今日は さくら湯での発表の場面があった。
    なるべく新しい人たちを経験させよう!と私は私服で出かけた。
 今日の我々の前には ギターを抱え歌う二人組の演奏があった。・・・ん~~なかなか面白い!
a0219015_21354985.jpg
a0219015_2136134.jpg
a0219015_21363325.jpg
a0219015_21372181.jpg

[PR]

by honjoh-hidemi | 2013-07-09 21:37 | 伝統芸能

七夕祭・・・大宰府天満宮

 山鹿灯籠踊りとして 太宰府天満宮の「七夕祭」への参加は 今回で6回目となる。
しかしながら・・今年は なんとなく天気が思わしくなく、太宰府天満宮に着いた頃から 雨が降ったり止んだりだった。
 例年に倣えば まず参道の鳥居前で奉納踊りの後、本殿での奉納になるのだが、結局 午後3時から予定の鳥居前での踊りは なくなった。

 午後6時は さすが神様のお力が効いたか、本殿の拝殿の儀は執り行われた。
そして そのまま特設舞台へ移動して次の出番を待つ。
 ここの舞台は地元の女性たちが 頭に灯篭を載せて山鹿灯籠の白地の浴衣を着て輪になって踊る「山鹿灯篭祭り」のミニチュア版である。 そのうち、彼女たちが踊っている間に辺りは暗くなって来て・・・ますます「灯籠祭」のにおいを醸し出す。

 
 そして それが終わると 水上の舞台へと移動する。
ここが今回(祭)のメイン舞台となるのだろう。
 一流の演奏者(ハープ、楊琴、25弦の箏)の後 最後が山鹿灯籠の踊りになる。
 『今年は 灯篭の灯りだけを見せたいので当たりの灯りは消します!』とのことで 真っ暗な中で演奏する羽目になった。
その頃 雨はほとんど上がっていて・・・。

 近くの幼稚園・保育園の園児たちが作ったたくさんの七夕飾りがとてもとてもきれいだった。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上 報告のみですみません・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
[PR]

by honjoh-hidemi | 2013-07-08 19:05 | 伝統芸能

家族

昨日 父の初七日でした。

父は様態が変わってから1週間で来世へと逝ってしまいました。

父の様態が初めて悪くなったのが6月21日(金)の夕方でした。
それから一週間。  私たち家族は、看病の真似事みたいなことを させて頂きました。

  父は、亡くなる前 姉夫婦に「あとは頼むね!もう逝くからね」と言ったそうです。

a0219015_22461112.jpg 覚悟。
  私たちも覚悟をしていた 
        つもりでした。

 でも・・・一週間は
 アッと言う間に終わりました。
 
  一週間は
   とても短いと思いました。

 ほとんど 
    誰の手も取らず 
      静かに
  父は 6月27日(木)
      お昼すぎ
     ・・・逝ってしまいました。

   (写真は 2年前の正月前の境内掃除をしている父の姿)

       亡くなって 初めて 父の大きさを知った気がします。

  だから 私も もっと頑張らなければならないと 思いました。
[PR]

by honjoh-hidemi | 2013-07-04 22:54 | 家族