<   2011年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

白滝鍾乳洞

 久しぶりにお水取りに出かけた。
今回は 五木村の「白滝鍾乳洞」である。
約60キロの距離だが、時間にして二時間はかかった。
a0219015_1783788.jpg

 日ごろの生活も あまり変らない環境に住んでいるが、改めて感じる山の空気は澄んできれいかった。
a0219015_1710516.jpg


しかし今年の秋は、全体的に「紅葉」より「黄葉」が強いのではないかと思った。
a0219015_1711587.jpg

[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-11-30 17:12 | お水取り

高崎だるま

 先日箱根へ演奏旅行へ出かける機会を頂いた。
あの大企業ヤマダ電機の山田会長の前で演奏できると言うことである。
 11月11日午前九時半総勢18名で羽田へ飛んだ。
 夜の宴会「おてもやん」「牛深ハイヤ」の他太鼓演奏等を披露。
 その後 二次会の席に私たち地方3名が山田会長の前で演奏するように言われた。
山田会長は 宮崎県の出身である。「刈干切唄」と「五木の子守唄」を希望された。
その時 私は山田会長の隣でワインなどをついで頂いたりしたのだが、酒席はイマイチ苦手で・・。話も下手だし・・どうつくろってよいのか分からなかった。
 山田会長の隣に居られたのが今回の主催者㈱シー・アイ・シーの太田社長である。
彼は大変話上手で 話下手な我々とも大いに盛り上がった。 私は 今回の御礼に山鹿灯籠の「繭人形」を用意していた。それを山田会長、太田社長にお渡しした。
 ・・あれから二週間あまりの昨日 私宛に荷物が届いた。
㈱シー・アイ・シー?? 「あぁぁそうだ先日の・・」と思い出し急いで開封した。
なんと群馬県の高崎だるまをわざわざ送って頂いたのである。
ナント何とうれしい事!!!胸ときめくサプライズ!!とはまさにこの事。
大変有難いことである。 
 だるまにはまだ目が入っていない。
何か願い事を成就させるために頑張らねばならない。 では願い事とは???
そうだ 目標を立てよう!それを成就させるために来年から頑張れる。  そう思った。
a0219015_23152348.jpg

[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-11-28 23:17 | 伝統芸能

秀美会忘年会

 今年初めての忘年会は11月27日(日)午後6時からの秀美会の忘年会。
今年は色々ありました。
昨年は 会員の入院が多く、発表会も助け合いながら出場すると言う場面が多かった。
   だから今年は健康祈願から始まった。
 お蔭様で昨年ほど病人は出なかった。が、年齢は毎年かさんで行くものである。高齢化の今日。全員が元気で健康であることはなかなか難しい。
だからこそ 好きなことをやって無理をしないで楽しく人生を歩もう!と思う。
目標は100歳まで頑張ること。それを目標に みんなで楽しく過ごしたい。
a0219015_18402930.jpg
                     俵積み唄
a0219015_18405180.jpg
                  即興のカンカン娘
PS.私を初め何も出来なかった以前と比べると よくこんなことが出来るようになったなぁと~~
  Tさんに感謝感謝である。
[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-11-28 18:28 | 秀美会

紅葉まつり

 今年の紅葉は まだまだ!と嘆く関係者をよそに カメラを持った人たちが一人ひとりと坂を上ってくる。
ただ今日の紅葉まつりはそれほど寒くはなった。確か去年は、ビュービューと吹き上がる冷たい風を避けながら だご汁のふるまいをした気がする。
a0219015_22533021.jpg
a0219015_23212172.jpg


 西国三十三箇所観音巡り・・滋賀県、岐阜県、奈良県、群馬県等々のお寺に建立されて観音さま三十三番札所がある。それをここ味取観音の境内には一番さんから三十三番さままでの観音様(石仏)が奉られている。それを中尾末吉氏の案内で境内を廻るのである。
a0219015_23282081.jpga0219015_23284150.jpg
 
 














 一番さんを説明する中尾氏               境内の三番さんについて話す中尾氏
a0219015_23331048.jpg
    野点(お茶会) 
a0219015_2333392.jpg
     出店の色々 
a0219015_2334577.jpg
    うわさのばってん堂
a0219015_2335398.jpg
     投句受付
[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-11-27 22:35 | 社会活動

吾妻成莉穂の会 2

 
a0219015_19384319.jpg

 昨日11月25日(金)朝九時に集合 子供たちの到着を待ち 10時前に稽古場を出発。
即九州自動車道を鹿児島方面へ下る。
 25日の舞台を前にして 過日から風邪を引き金に声の調子が非常に悪く「筆談をしないとだめですよ」とお医者様から言われるまでになっていた。本当に声が全く出ないのである。出していないから出ないのか??自分でも分からなくなった。黙っていたら出るようになるのか??・・・・・
 お稽古も中止を促された。鹿児島に向かう車中も子供たちを避けた。
 12時10分頃総勢9名 鹿児島県民交流センターに無事到着した。
 午後2時半から舞台リハーサルが始まる。 
  以前出かけたときから2回目の合わせである。
 俚奏楽「雪の山中」を演奏するのだが、今回は成莉穂先生のこの曲に対する思いを膨らませてある。それを狂言師の網谷正美先生が台本にされ、この「雪の山中」が「物語」へと変るのである。 だから日ごろ演奏している「雪の山中」とは大いにかってが違うのである。まさに「手に汗握る」とはこのことなのだろう。緞帳が上がる前 撥を持つ手を何べん持ち直しただろう。緊張の瞬間である。
  しかしお蔭様で演奏はうまく行った。唄もうまく歌えた。
 他に 東北三県の歌 会津磐梯山、斎太郎節、南部俵つみ唄を初め鹿児島の唄も2曲程歌った。
 私の声が元に戻って歌えたことを 同行して頂いた先生方がとても喜んで下さった。
生憎と舞台を降りて会場から全体を見ることが出来なかったので、成莉穂先生を初めとする今回の踊りの方々の素晴らしい切れのある姿を写真に収めることが出来なかったのがとても残念である。
[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-11-26 20:24 | 舞台活動

吾妻成莉穂の会

 鹿児島県民ホールにて
 11月25日(金)
  午後6時より
   鹿児島で精力的に活躍されている「吾妻成莉穂」先生の素踊りの会が開催される
    以前紹介したが、明日行くのが本番。
 今回は子供たちも一緒に連れて行くことになった。
 大蔵流狂言師の網谷正美先生が作られた新作狂言「さくらに乗って」。
 九州新幹線全線開業記念イベントとして3月11日に上演予定だった作品が今回上演されるらしい。
そのわらべ役にうちの子供たちが出演するのだ。
  「是非子供たちにも来ていただいて・・」と成莉穂先生からお話があり、子供たちに「行く
か?」と尋ねると「行く!行く!行く!」と大はしゃぎ・・。「お父さんお母さんが良いと言ったら行って良し!」といってはみたものの、子供にしてみると授業を抜け出して鹿児島へ行くというよりまだ見ぬ島へ冒険に行くような気持ちなのだろう。
 興味津々・・・そして遊び心100%!!!
ありがたい事におとうさんおかあさんの許可を頂いて 明日一時限目終了後 三人のお子様方は、夢の世界へと出かけられるわけであります。おまけに・・お泊り(笑)
       きっとたのしいだろうなぁ~~。
 網谷正美先生は私立同志社高等学校国語科の教諭であり日本能楽会員(総合指定重要無形文化財保持者)であらせrれる。25年前狂言「三笑会」を主宰し新作狂言等に積極的に取り組んでこられている。


[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-11-24 21:04 | 舞台活動

文化祭

 遅ればせながら・・秋の文化祭が11月13日植木町文化センターもて開催された。
今年も昨年同様着付けの会と合同開催である。
お忙しい中、藤井修一特例区区長もお越し頂いた。ありがたいことである。
 ますは会の盛会と安全を祈願して・・

a0219015_21123262.jpg
a0219015_2183198.jpg
a0219015_21113355.jpg  今年から文化協会長が徳山征四郎会長から牧野久仁博会長へと変った。前回の徳山会長も一生懸命まさに身銭をきって会の盛り上げに力を注いで頂いたと思っている。今の会長はまだ就任して半年ほどだが、自身が絵画や社交ダンス、合唱団員や劇団員として活動をされているから 舞台事業に関してはいささか力が入るようである。

 熊本市になった植木町だが、今までの熊本市には独立した文化協会はなくこの様に文化祭活動などは行なわれていない。今後まもなくまさに合併して一つの熊本市となるわけだが、この度合併した富合町、城南町、植木町には現在継続して文化教会活動が行なわれている。
 今後どのようになっていくのか見ものである。
・・文化とは目に見えて「損得」で見分けられるものではないが、以前の植木町では、「昼の日中から三味線弾いて・・」と白い目で見られていたらしく、いや 今でもまだ他の町でもその様な話を耳にすることがある。
 今頃になって 私は「文化」と言う言葉をやっと理解できる様になった気がする。
文化レベルの違いは生活レベルの違いに匹敵すると言っても過言ではないと思うが、貧富の差と言うことでもない。
しかし 「文化レベルの向上」はとても大切だと思う。なぜなら「心を養う」ことに通じると思うからである。
難しいことは分からないが・・そうだと思う。
[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-11-22 21:42 | 秀美会

永平寺に参拝して

 縁あってこの20日から21日にかけて北陸へ出かけた。
以前 一度来たことがあるが、やはり海から吹き上げる風はいかにも冷たそうで・・・・・・
心まで震えさせそうである。
a0219015_1928466.jpg

 私の本来の目的は永平寺参拝である。 下は一般道に面した大きな門柱
a0219015_19311395.jpg
 

   永平寺参拝へと石段を上る人々
a0219015_1934289.jpg
   

    参道  前日から雨が続き・・・
a0219015_1941103.jpg 
a0219015_200252.jpg

       

a0219015_19472215.jpg
    永平寺の門をくぐり 右側の景色・・紅葉がとても綺麗かった。


 お母さんへ
おかあさん 毎日如何お過ごしですか? お健やかに穏やかにお過ごしでしょうか?
 今回 永平寺へお参りする機会がありましたので お母さんの供養をして頂いてきました。
 お母さんの元へ届いたでしょうか?

今頃になって お母さんのことが 毎日毎日 頭から離れません。
 如何お過ごしかと 穏やかにお過ごしであろうかと・・思う毎日です。

 ごめんね おかあさん。
   もっと早くから こんなに強く ちゃんと貴女を愛すればよかった。

貴女の深い深い愛から逃れたくて 反発ばかりしていましたね。
 いつまでも自立できなかった私を 貴女は心配で心配でたまらなかったのでしょうね。
そんな深い愛を 未熟な私は ちゃんと受け入れることが出来ませんでした。
 ごめんなさい。
   
 幼い頃 思い出せば いつも いつも 私は お母さんのそばにいました。
いいえ 大きくなっても いつまでも私は貴女のそばを離れることが出来ませんでしたね。
 
わがままばかり言ってごめんなさい。
 
遅いけど 今から一生懸命 親孝行します。
貴女のために 尽くします。
  私が生きている限り・・・
   私が 私である限り・・・

お母さんが安心していられるように 頑張ります。
      だから 「安心」 してくださいね。

末っ子のアカンたれの泣き虫は 相変わらずだから・・
    貴女に会いたいときはきっと泣いてしまうから それだけは許してください。

でも いつも貴女を思い出して 強くならなければと思います。
「こんなとき お母さんならどうしたろう・・」って思えば答えが出てきます。
 なかなか お母さんみたいに賢くないし 強くないから 同じようには出来ないけど
  頑張らなければとは思います。
「何ば泣きよんね!」って叱りに顔を見せに来て下さい。 
   心から 心から 待っています。

あかあさん 有難う
  またお便りします
                      「永平寺 供養参拝」にて H23.11.21
 
[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-11-22 19:37 | 宗教

‘山頭火:紅葉祭り‘

 来る11月27日(日)植木町味取:瑞泉寺(通称みとりのお観音さん)では、山頭火 秋の紅葉祭りが開催される。今年で三回目。
 今年の概要は以下の様である。
午前10時から午後2時まで お茶会開催
 先着100人まで いきなりだごや無料植木温泉入湯券配布等があります。
他 うわさのお店の出店や観音巡りや写真撮影会や俳句の募集等があります。
・・この時期 紅葉がとても鮮やかで 一瞬 異次元の世界??へ迷い込んだ様な・・そんな時間が送れるかもしれませんよ!!
狭い場所ですから そんなに賑やかでもありませんが、日ごろの生活からちょっとだけ抜け出すことが出来るかも??
早いもので いよいよ11月も終わりです。
短い秋も終わりに近づいています。
思いっきり 秋を味わいましょう!!
・・・・・資料不足でごめんなさ~~い・・・・
                 関係者一同 お待ちしております!!
[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-11-22 18:43 | 社会活動

本條秀咲 名取襲名式

 去る10月30日(日) 東京新宿・桜上水・本條流家元本條秀太郎事務所にて本條流名取式が行われた。
 今回、私は取立師匠の立場で「本條秀咲(ひでさき)に同行したわけだが、秀咲のほか師範や準師範に昇級する面々も合わせて9名の顔合わせであった。
a0219015_2210261.jpg
 私が名取になろうと思ったのも そういえば丁度この歳頃だった。
 幼い頃から習っていた訳でもなく、ただ母がやっていて・・唄が、いや「もっと声が出るようにならないか」と言う思いから
「お母さん、私も民謡習おうか・・」と言って付いていったのがきっかけだった。
 まさかこのようにこの道で生活をしていくようになるとは少しも考えていなかった。
・・・秀咲はどう思っているのだろうか。  ・・・・・まだ欲がない。
 いや そう言えば自分もそうだった.
 上達しようとか、大きくなろうとか・・そんなことは微塵も考えなかった。
  人に負けたくない!と言う気持ちもあまりなく
    ただ前にぶら下げられた目標に対しては少しばかりの努力はした。
 しかし 思うに この世界「人に対しての勝ち負けではなく、己自信に勝つか負けるかだ」
   「努力するか否か」・・・・・。
      欲を持つ と言うことは 自分に向かって勝つか負けるかなのかもしれない。
 
 
a0219015_22161223.jpg

           浅草 仲見世通りにて

a0219015_2216481.jpg

           浅草寺から見た「東京スカイツリー」

a0219015_2217765.jpg

           浅草寺「雷門」前にて
[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-11-08 22:18 | 秀美会