カテゴリ:社会活動( 15 )

西南戦争遺跡国史跡指定記念式典・シンポジウム

a0219015_155495.jpg
a0219015_15543222.jpg
a0219015_15544380.jpg
a0219015_15545863.jpg
a0219015_15552040.jpg
a0219015_15554590.jpg
a0219015_1556052.jpg
 
a0219015_1556770.jpg

[PR]

by honjoh-hidemi | 2013-10-14 15:58 | 社会活動

水前寺界隈の活性化にひとやく??

 実は 中村花誠先生から・・・・
 水前寺界隈で町の活性化を図ろうと一生懸命やっておられ 、花童のみんなもその一環を担い 毎週 玄宅寺で踊っている・・というような話を聞かされた。
 ・・・で 玄宅寺の奥様が 歌詞を作るので 曲をつけてくれないか・・・と言うお話だ。

 ダメです!とも言えず「はい」・・と言うしかない。
 先週の木曜日22日の夜 その歌詞を頂いたが・・・・・・
な ナント 9月20日に お月見の宴で 花童の面々が踊るらしい。
・・・で 鳴り物の手も付けなければならないし 踊りの振りも・・お稽古も・・となると 
    では いつまで作ればいいのだろう???ということになる。
 それに 今回は 民謡みたいな繰り返しの曲と舞台用?の2種類をお願いしますとのこと。

 できるのだろうか??

しばらく 今までにない 勉強をしなければならないようだ。

 ※今日の新聞に ちょうどこの件が大きく掲載されていた。
a0219015_23252049.png


 
[PR]

by honjoh-hidemi | 2013-08-26 23:27 | 社会活動

夕涼みチャリティーコンサート

 早速 昨日の夕涼みチャリティーコンサートをYouTubeにアップして頂いたので早速私もこの場で披露させて頂きます。    もしかすると殆どダブっているかもしれませんが・・・。



 
 ただ・・愚痴を言わせて頂ければ
・・・出演する日程は前々から抑えていたのですが 何があるのか?何に出るのか?何が主催なのか?どんな内容なのか???? 全く・全然・皆目分らず チラシを手にしたのも前日の夜(涙・涙・涙)

 チケット販売の応援をしなければならなかったらしいのだけれども内容が分からず・・何とも誘いようがなかったので誠に誠に恥ずかしいことながら「5枚お願いします」ということで・・・。
 先生方は100枚200枚の話をしておられる中・・本当に穴があったら入りたい心境で・・ございました。
 
                お役に立てなくて真に申し訳ございませんでした。
[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-08-25 17:36 | 社会活動

いのちの電話「夕涼みチャリティーコンサート」

正午に集合をかけ みんなで市民会館へGO!

 先日川尻公会堂でやった通りをリハーサルで復習。
3か所修正が入ったが 95%そのままでOK!

 わらべちゃん達と同じ楽屋で・・・・。
リハーサルが終わったらこわらべちゃん達と我が玉うさぎの面々は それこそゴッチャになって チーチーパッパ。「うるさい!静かにしなさい!」と何度か言ったが・・それより稽古させたが早い。
 
 地方は稽古をさせることにして・・。
   楽屋で2回ほど稽古をした。


しかしながら・・18:30開演の本番も 少しずつ押して・・・・。

帰りは22:00になってしまった。
子供たちも疲れただろうね。でもよく頑張りました。とっても良かったよ003.gif

a0219015_2335685.jpg
a0219015_23352911.jpg
a0219015_23362726.jpg
a0219015_23371467.jpg
a0219015_2337589.jpg
a0219015_2338316.jpg

a0219015_23421427.jpg

a0219015_23392189.jpg

[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-08-24 23:42 | 社会活動

いのちの電話「夕涼みチャリティーコンサート」

a0219015_17532893.jpg 明日8月24日 いのちの電話熊本 による〝夕涼みチャリティーコンサート〝が開催される。
ざ・わらべとこわらべちゃん達と一緒に我が子供たちも出演させてもらう為、今 その稽古に追われている。

 実は先日(19日)の「藤鶴の会」で 後半の舞台が終わったらすぐ川尻公会堂へ向かった。
『音合わせをやりませんか?』との中村花誠先生からのお誘いがあったからだ。
 
彼女らは、正午からずっと稽古をやっているらしい。 
我々は二時半頃から加わった。

・・・・・・・・・それから・・それから・・・・・・・・・・・・・。

 予定していた展開と少し違ったため 多少面食らった?ところもあったけど どうにか収まり午後5時過ぎに終えて帰った。

 それから 21.22.23日と合わせ方の稽古をした。
いよいよ明日が本番!

a0219015_17505063.jpg
a0219015_17522666.jpg

[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-08-23 17:56 | 社会活動

「田原坂・花音頭」 大空へ羽ばたけ

  毎月の第2・第4土曜日は 民謡田原坂保存会の稽古日である。
今月の14日は、特に全員集合をかけた。
それは 昨年民謡田原坂保存会の活動範囲を広げる目的で作った「田原坂・花音頭」の曲に、新しく踊りの振り付けをお願いし、それの初稽古の日であった為である。

今回振り付けをお願いした先生は「中村花誠先生」
 今 大活躍中の「ザ・わらべ」の生みの親である。
現在彼女たちが踊る曲全て先生の振り付けで 次から次へと覚えていかなければならない彼女たちはまさにスーパーウーマンに育てられている未来のスーパーウーマンである。
イヤ・・・ある人曰く「肥後の猛婦」である。
その日 彼女たちも一緒に付いてきて踊ってくれた。

大勢の人が 輪になって踊れるような振り付けで・・とお願いをした。
扇子を二本 両手に持って踊る姿を見ていたが、その扇子が不ぞろいで色々あり かえってそれがとてもきれいに見えたりした。

この踊りが 大きく羽ばたいて 明るい「田原坂」のある町になってくれたらいいのだが・・・。
a0219015_22515070.jpg
a0219015_2252953.jpg
a0219015_22522480.jpg
 
a0219015_2392254.jpg
a0219015_2393568.jpg
a0219015_2394867.jpg

[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-04-16 22:54 | 社会活動

五霊中学校の選択授業

私の母校でもある植木町立五霊中学校。
何年前になるだろう。
  『肥後華組』として初回公演を植木町で開催した時、なるべく地元の人たちにも出演してもらおうと思い 中学校にも声をかけ「責任を持って教えるから出演してください」と音楽の先生に押しかけて 子供たちに民謡を教え 出演してもらったのがきっかけで ・・・・そう あれから何年になるのだろ・・・・。

 それが縁で 三味線を指導するようになった。
今の子供たちは 小さい頃からリズム・音楽に馴染んでいるから 要領を覚えると理解が早い。
ただ それが後に続いてくれないのが悲しいのだが、ま 若い時に一度でも経験をした子供は 大人になった時 和楽器をすんなり受け入れることが出来ると思うので「子供たちの経験のために!」と思い続けてきた。

 その間 文部省が「和楽器を取り入れる方針」を打ち出し やりやすくなったか・・と思ったが 学校で楽器自体を揃える予算までは面倒を見てくれず、殆どが持参して出かけた。
 
 そのうち 五霊中学校は少しずつ揃えてくれるようになり、今では10丁ほど揃っている。
しかし やはりまだ中学生。どうしても扱いが乱雑に成る。
駒・天神・バチ等 すぐに壊れる。
だから決して良い三味線は持っていけないのだ。
・・・・・そういえば 一度だけ持って行って 大いに後悔したことがあった・・・。

 私は 1年間勉強した成果を 発表する場を最後に作るようにしている。
音楽室に緋毛氈を敷いて ひな壇を作り 先生や父兄に声をかけて見に来ていただくようにしている。
できたら 今年も それをやりたいのだが・・・。

 今 「涙 そうそう」に取り組んでいる。
筝2パート、三味線、尺八に分かれての演奏だ。
三味線は一年間稽古をやってきたので だいたい出来る。
筝は 授業時間のみの学習だったので少し手間取っている様子だが、最近大分上手になっていると思った。
a0219015_21523237.jpg

a0219015_21542146.jpg

[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-02-23 22:36 | 社会活動

「浜のミサンガ」

 岩手県大船渡市三陸町越喜来(おきらい)。男たちは瓦礫の撤去や、浜のそうじ。復興に向けた仕事がはじまっています。しかし女性たちには、今すぐ出来る仕事がありません。津波が来る前は、水揚げの手伝いや、番屋での仕分け、カキの殻むき・・・。家族や仲間を浜で支えてきた働き者ばかり。自分たちに出来る仕事をつくろう。浜の女性たちはみんなで手仕事をはじめました。慣れ親しんだ、漁に使う網をつかったミサンガづくりです。浜のミサンガ「環(たまき)」。「環」とは、日本古来のブレスレットの言い方。ひと編み、ひと編みに、立ち上がる勇気、明日への希望、三陸復興への願いがこめられています。(三陸に仕事を!プロジェクト」より)
a0219015_15422020.jpg
a0219015_15413024.jpg
東日本大震災、未曾有の被害から半年が経ちました。(省略)
様々な支援に感謝しながら暮らしを繋いできました。(省略)
 しかし・・・・生きていくための原動力「仕事」がまだ得られていません。(省略)
当初 岩手県大船渡市三陸町や釜石市の生産グループでスタートしましたが浜から浜へ、県を越え宮城県まで広がりを見せています。(省略)
 「仕事がある」「笑顔になれる」少しでも多くの確かな笑顔が被災地に広がりますように。
懸命に頑張る浜の女性たちの手仕事を、これからも応援してください。(省略)
  被災者の女性たちがグループになって手仕事で作られています。
ミサンガの販売代金1100円(1セット・税込み)のうち、材料費や販売経費、諸経費を除いた576円が作り手の方々に。材料の現地加工を担い、作り手さんをサポートする現地の被災者、被災企業の方々にも1セットに付き150円近くが「仕事の対価」として支払われます。(省略)

 この「三陸に仕事を!プロジェクト」の支援を曹洞宗熊本県第一宗務所寺族会では取り組んでいます。
売上金はこのプロジェクトを通して 直接本人へ渡る仕組みです。
どうぞご協力をお願いたします。
問い合わせ先 ℡。096-272-2582(味取観音 瑞泉寺)
[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-12-18 15:18 | 社会活動

紅葉まつり フォトコンテスト 表彰式 Ⅱ

特選 金賞 銀賞 銅賞の発表!
 まず表彰式から 
特選に選ばれた「茶会」 与古田 弘さん
a0219015_22152415.jpg
a0219015_22163922.jpg


 続いて 金賞に輝いたのが 北川征二さんの「紅葉のジュウタン」
a0219015_22184681.jpg
 
a0219015_2219122.jpg


銀賞は「秋空と山頭火」 内田勝秀さん
a0219015_22214320.jpg
a0219015_22205366.jpg


銅賞を受賞したのは「晩秋の佇まい」 秋吉栄美子さん作品
a0219015_22251771.jpg


 十二月も半ばを過ぎると まさに「落ち葉」のジュウタンとなり 冬を迎える頃となる。
何処も同じなのだろうが、今から正月を迎えるまでの10日余り。落ち葉との根競べとなる。

 松葉かき、たか箒・・・軍手を身につけちりとりを抱え 時には一輪車をおして・・・.
上から下へと境内の掃除をするのである。犬を連れて廻り・・・少しずつ移動する。
    風向きを考えながら掃く。
     ・・冬休み 朝からの日課だった。

 しかし最近少しでも手伝うと 足腰が痛くなる。
   年齢のせいだろうか・・
  
でも 気持ちが良い。きれいになったところを見ると 少しばかりの満足感が得られる。

ナント言っても 静かできれいな正月を迎えられた時、その気持ちよさは計り知れない大きな満足感となってかえってきてくれる。

よし!今年も頑張らなくては!!
 
[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-12-17 22:21 | 社会活動

紅葉まつり フォトコンテスト 表彰式

 11月27日(日)に開催された 山頭火「紅葉まつり」のフォトコンテスト
その表彰式が本日午後2時より 味取観音瑞泉寺にて開催された。
a0219015_15592533.jpg
会長(梅守賢一)の代理の高木昭次氏(正面左)と講師の中尾末義氏(正面右側)
 
 50点を超える応募の中から選ばれた写真
 ※まずは入選になられた皆様から・・紹介して行きます
a0219015_15552759.jpg
「観音様」 大田 明氏

a0219015_15554024.jpg
「見上げる空」 芦浦幸子氏

a0219015_15555777.jpg
「紅葉の中の仏様」  矢野彌生子氏

a0219015_15561333.jpg
「彩り」 川上節生氏

a0219015_15562737.jpg
「心をこめて」 米田順子氏

※機械の性能上 写真をそのまま反映できていない部分がありますので ご了承願います。実物は味取観音瑞泉寺に展示してあります。また次点入選作等は 植木郵便局 その他の場所で随時展示していく予定だそうです。
[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-12-16 16:15 | 社会活動