カテゴリ:宗教( 15 )

春の観音祭

 明日4月18日は「春の観音祭(法要)」である。
明日は 朝5時から「おとき」の準備にかかる。
勿論 今日もその下準備である。

さあ 明日はまた朝早いぞ!早く寝なければ・・

 ちなみに 明日の行事は 先祖供養を始め様々の供養と説教師様によるお説教があります。
さすがにお説教を頂く お坊さまは お話がうまい!

 昨年9月のお彼岸でのお話は、ご自分の息子さんが25歳で他界され その供養に息子さん二人と共に托鉢をされた話をしてくださいました。
母との思いが重なった記憶があります。

 時折 その様な心が洗われるようなお話を聞くことも とても良いことだと思います。

では 明日も良い一日でありますように!!
[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-04-17 22:43 | 宗教

山頭火供養祭

 
a0219015_2151862.jpg


   松はみな枝垂れて南無観世音
      松風に明け暮れの鐘撞いて
         ひさしぶりに履く垣根の花が咲いてゐる
 
 
大正十四年三月から大正十五年四月まで 山頭火は ここ植木町味取観音瑞泉寺にて堂守を務める。
 一年余り後 彼は 村の人々に惜しまれながらも この寺を出て 一人 行乞の旅出るのである。
  
 あまり 詳しくもなく 俳句など殆ど分からないが  少しばかり彼の句を読んでみると
 彼がひょうひょうと生きて来たと言われる様が なんとなく見えるような・・・そんな気がするのである

 040.gif今度の土曜日3月10日 午前10時半から 山頭火供養祭が開かれる。
 山頭火の後に ここの住職となった柏木孝勝和尚が境内に建立した西国三十三箇所「観世音菩薩」さまの巡拝が行なわれる予定である。
 
 当日の天気はどうなるのだろうか・・・・。
寒ければ・・配られる予定の「だご汁」が いっそう恋しく、美味しくなることだろう。
[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-03-08 21:56 | 宗教

涅槃会

 今日 2月15日はお釈迦様の命日とされる「涅槃会」である。
我が寺では お釈迦様の涅槃像の掛け軸がかけてある。
その前には 今年の正月のお供えもちでこしらえた「あられ」が上げてある。
毎年見慣れた光景ではあるが、今年は実質 姉夫妻が取り仕切っている。
いや 住職はずっと以前に兄たちに譲られていたので 兄夫妻が取り仕切って当たり前なのだが、母が健在の時は どうしても母の威厳が勝って見えていたので 母が行なっていたという印象であった。
 ・・きっと 私一人がそう思っていたのかもしれない・・・
     お釈迦様、そちらの世界に行きました母をどうぞお導きくださいます様に・・・

       福岡県篠栗町 南蔵院の釈迦涅槃像
a0219015_11562619.jpg

[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-02-15 12:06 | 宗教

山頭火供養祭

       3月10日(土) 午前10時半より 
        植木町味取 味取観音瑞泉寺において 
         『種田山頭火 供養祭』 が開催されます。

  今回の目玉は 現在100歳となられる『平山アヤ」先生が、山頭火と実際にお会いになった!と言うことでそのお話を聴くと言う企画です。
 平山アヤ先生は、学校の教師をされていて 
 ・・余談ですが 両親とも先生の教え子じゃないのかな??また 両親の仲人!!と聴いておりますが・・・。
  100歳にして お元気であられる平山アヤ先生。どんなお話をしていただくのかが楽しみです。

  他 寒い時には特においしい「だご汁」も 用意されています。
  また 浮世を離れ・・しばし『歌人』・・いや『俳人』と化してみては如何でしょうか??
    そして 3月は 桃の花・いや そろそろ 桜の花も蕾を膨らませている頃かもしれません。
  
     遅ればせながら・・散歩がてらに
       ちょっとだけ 足をお運び頂きますように ご案内申し上げます。

a0219015_204493.jpg

 
 
[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-02-08 20:46 | 宗教

永平寺に参拝して

 縁あってこの20日から21日にかけて北陸へ出かけた。
以前 一度来たことがあるが、やはり海から吹き上げる風はいかにも冷たそうで・・・・・・
心まで震えさせそうである。
a0219015_1928466.jpg

 私の本来の目的は永平寺参拝である。 下は一般道に面した大きな門柱
a0219015_19311395.jpg
 

   永平寺参拝へと石段を上る人々
a0219015_1934289.jpg
   

    参道  前日から雨が続き・・・
a0219015_1941103.jpg 
a0219015_200252.jpg

       

a0219015_19472215.jpg
    永平寺の門をくぐり 右側の景色・・紅葉がとても綺麗かった。


 お母さんへ
おかあさん 毎日如何お過ごしですか? お健やかに穏やかにお過ごしでしょうか?
 今回 永平寺へお参りする機会がありましたので お母さんの供養をして頂いてきました。
 お母さんの元へ届いたでしょうか?

今頃になって お母さんのことが 毎日毎日 頭から離れません。
 如何お過ごしかと 穏やかにお過ごしであろうかと・・思う毎日です。

 ごめんね おかあさん。
   もっと早くから こんなに強く ちゃんと貴女を愛すればよかった。

貴女の深い深い愛から逃れたくて 反発ばかりしていましたね。
 いつまでも自立できなかった私を 貴女は心配で心配でたまらなかったのでしょうね。
そんな深い愛を 未熟な私は ちゃんと受け入れることが出来ませんでした。
 ごめんなさい。
   
 幼い頃 思い出せば いつも いつも 私は お母さんのそばにいました。
いいえ 大きくなっても いつまでも私は貴女のそばを離れることが出来ませんでしたね。
 
わがままばかり言ってごめんなさい。
 
遅いけど 今から一生懸命 親孝行します。
貴女のために 尽くします。
  私が生きている限り・・・
   私が 私である限り・・・

お母さんが安心していられるように 頑張ります。
      だから 「安心」 してくださいね。

末っ子のアカンたれの泣き虫は 相変わらずだから・・
    貴女に会いたいときはきっと泣いてしまうから それだけは許してください。

でも いつも貴女を思い出して 強くならなければと思います。
「こんなとき お母さんならどうしたろう・・」って思えば答えが出てきます。
 なかなか お母さんみたいに賢くないし 強くないから 同じようには出来ないけど
  頑張らなければとは思います。
「何ば泣きよんね!」って叱りに顔を見せに来て下さい。 
   心から 心から 待っています。

あかあさん 有難う
  またお便りします
                      「永平寺 供養参拝」にて H23.11.21
 
[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-11-22 19:37 | 宗教