カテゴリ:舞台活動( 24 )

政令指定都市記念‘ガラコンサート‘

  政令指定都市となるこの四月を前に植木町をあげてのコンサートとなった今日の「ガラコンサート」は 
午後4時開演から 午後7時までという 予定時間通り無事に幕を下ろすことが出来た。
 今回は 殆どが洋楽を中心とした内容で 個人の活動を支援するような形となっていた気がするが、
植木町にもこんなに素晴らしい人材がいると言うことの現われでもあり それはとても良かったと思う。
 そんな中に 我々の民謡や太鼓や劇団(にわか)等の活動は第二部として まとめてあった。

 昨日のリハーサルのとき 声がひっくり返って どうもうまく歌えなかった私。
おまけにソレを気にしたので三味線もうまくない。誠に 困ったもん!だった。
 なので 久しぶりに「田原坂」の唄を稽古した。 もちろん三味線を弾きながらの稽古だ。
・・・どうも三味線に自信がもてない。 勘所に狂いが生じるのだ。・・・難しい・・・・。
まことに困ったもんだった。
 しかし 努力が功を奏し 本番は 納得のできる出来にはなった。  良かった・・良かった・・・!!

    一緒に歌い踊った仲間たち・・踊りも大分上手になってきていると思う。
a0219015_204273.jpg
 

a0219015_20423441.jpg 後 劇団Uによる「にわか」 山頭火と小町・・
 劇団Uには 私もしばらく入団しており かつての仲間である。
今回 山頭火を演じたのは 古株の吉村さん。
 衣装は もちろん 我が寺からの貸し出しである。
なかなか 上手だし 面白かった。会場からも大きな笑いをとっていた。
 劇団Uは 熊本でも 結構活躍している劇団である。
時間があるなら・・本当は 私は「にわか」をやりたい。
どちらかと言えば・・ 本質的に「にわか」組の方が 似合っていると思うのだが・・・。
 ※ 左は 山頭火の吉村さん

 ※ 下は 出演者の 津田さん 森本さん 田中さん、吉村さん
a0219015_20425726.jpg

[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-02-18 21:21 | 舞台活動

はいや くまもと2010 寛永はいや節 その2

 さて 先日の「はいや くまもと 2010」  「寛永はいや節」その2の後半部に移ります。
我々の「寛永はいや節」は 「はいや くまもと2010」の最後部の出し物であった。
よって・・「牛深三下がりから 自然と「牛深ハイヤ」へと曲が変っていかなければ成らなかった。
そして 最後は出演者全員による 「牛深ハイヤ節」の演奏による総踊りで幕が下りた。
 今思えば 懐かしい。大変だったけど、楽しかった!
 

[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-02-14 16:58 | 舞台活動

はいや くまもと2010

DVDを整理していたら 2年前に熊本県立劇場で開催された「はいや くまもと2010」の映像が出てきた。
その中で 私が演奏したのは「寛永はいや節」
実際「寛永はいや節」という曲があるわけではなく その時代「そうであったろう」と思われる衣装を着て「浜辺の宿の出来事を踊る」と言う設定である。 私は その中の音楽を担当した。 影で演奏か・・と思いきや、白塗りの化粧をさせられ、着物を着せられ・・・・ 舞台に上がり演奏した。  懐かしい場面である。

 まずは「寛永はいや節」Ⅰから・・・ 
演奏した曲目は 俚奏楽「磯節月夜」、長唄小曲「漁船」
 

[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-02-10 17:36 | 舞台活動

日中友好 『春節 2012』

 来る2月4日(土) 日中交流の文化イベントがあり、その時三味線の演奏をするよう依頼された。
今年は上海に熊本県の事務所を開設したこともあり 色んな交流が予想されるとのこと。
そもそも この熊本県日中友好協会とのご縁は、昨年急に出演を依頼されたのがきっかけだった。
その時は 子供たちが「田原坂」「おてもやん」を踊りつきで披露した。
 今回は、是非「三味線」を聴かせてほしいとのこと。
???何を演奏しようか?? 三味線を聴かせるといっても 津軽三味線ではないし・・・・
やはり 唄付きで行かないとね!!
a0219015_16515445.jpg

[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-01-26 16:54 | 舞台活動

薩摩豪傑節



 次に披露するのは、鹿児島県民謡「豪傑節」
この「豪傑節」は、今 私たちが熊本で歌っている民謡「田原坂」の歌詞と全く同じに歌い始める。
これについては、確かな記録が残っているわけではないが、鹿児島では西南戦争が起きるずっと以前から「豪傑節」と言われる歌があり(今の豪傑節とは違う)、士気をあげるために歌っていたのであろうということであった(鹿児島の郷土史家の話)。
 その後 明治10年に西南の役がおき、その中でもっとも悲惨な戦いの地であった「田原坂」のことを座敷で歌ったのが「田原坂」の歌であり、その歌詞が何故か鹿児島でも歌われるようになっていた。推測によると 作詞したであろうと思われる中の一人である新聞記者が鹿児島へ行き来するうちに両方で歌われるようになったのではないか・・と言うことであった。しかしそれも確かな証拠があるわけではない。
 民謡ブームになる少し前まで「田原坂」が「豪傑節」、「豪傑節」が「田原坂」と勘違いして理解されていたらしいが、それは福岡のトップ歌手であった「赤坂小梅」姐さんが 「豪傑節」の歌を「田原坂」としてレコード化しそれが全国に広まったためその間違いは生じたのである。 イヤつい最近までも そう思っていた人があるが、レコードや今で言うメディア関係の影響は本当に大きいものである。 
 しかしながら悲しいことに鹿児島ではあまり「田原坂」も「豪傑節」も歌われないらしい。
我々は、毎年『民謡田原坂全国大会』を開いて 民謡「田原坂」の普及に努めている。
それは民謡とまた長年植木町に住んでいる私たちの務めであると思っている。
 ちなみに今年の田原坂全国大会は 5月12日(土)である
[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-01-25 22:12 | 舞台活動

政令指定都市移行記念"ガラコンサート"

 政令指定都市移行記念事業として「ガラコンサート"~ふるさと植木 未来へ~
来る2月18日(土)に 午後4時から開催される。
主にピアノ演奏を主とする舞台で、合唱団が複数歌う構成のようだ。
 植木町のいろいろな場所や季節や物語などを「詩」として表し それに曲をつけて「植木賛歌」が出来た。
今回その「植木賛歌」を町のあらゆる合唱団が10番までを交代で歌う。演出は小西たくま氏。
そんな中 私は 郷土芸能・・もちろん民謡「田原坂」だが それを歌う。
植木町民謡「田原坂」保存会として踊りも出す予定だ。
a0219015_1828441.jpg

  
[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-01-23 18:31 | 舞台活動

会津磐梯山と斉太郎節

 昨年11月25日(金) 鹿児島へ出かけたことは過日お伝えしたが そのDVDを先日頂いた。

 吾妻流 成莉穂会「素踊りと狂言の夕べ」
鹿児島市在住の吾妻成莉穂先生が主宰された舞台である。

 ◆被災地復興支援特別企画◆
 まずは 福島県の盆踊り歌として有名な「会津磐梯山」から 幕が開いた。

  ♪イヤ~~ 会津磐梯山は 宝の山よ
            笹に黄金が エ~ また なりさがる 

    イヤ~ 東山から 日にちの便り 
            行かざなるまい エ~ また 顔見せに  ♪

 

 ☆続いて
 「 斎太郎節」(宮城県)
  ♪ 松島の サーヨー 瑞巌寺ほどの (ハァ ソレソレ)  寺もないトエー
        ※アレハエーエー エートソーリャ 大漁だエー   
      前は海 サーヨー後ろは山で 小松原トエー
          ※アレハエーエー エートソーリャ 大漁だエー 

   石の巻 サーヨー その名も高い 日和山トエー
       ※アレハエーエー エートソーリャ 大漁だエー 
       西東 サーヨー 松島 遠島 目jの下にトー江ー
          ※アレハエーエー エートソーリャ 大漁だエー  ♪
    
[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-01-21 22:11 | 舞台活動

元旦の活動

  皆様 良いお正月をお迎えのことと思います。
今年は 天気もよく初詣も無事終えられたことと推察いたします。
皆様にとって 今年一年 良い年であられますことを心よりお祈り申し上げます。

 さて私、本條秀美は早速お正月・元旦より鹿児島へ出張して参りました。
 鹿児島で大変活躍されている吾妻成莉穂先生がニューイヤーコンサート・初舞をやりたい!と言うことで昨年師走のよりの打ち合わせで 早速 それが実現したわけである。
 場所は鹿児島で一流の「城山観光ホテル」
ホテル出演は、午後八時とのことだったので、その前に先生のお知り合いの西伊敷町老人施設へ伺い 予行演習を兼ねて? 今年初めての舞台を踏んだ。
 成莉穂先生の話によると、城山観光ホテルでは、お正月の舞台で 日本舞踊を取り入れるのは初めてのことで戸惑いもあったらしく、成莉穂先生の指導で全て準備された。
しかし どんどんと増えていく観客に 椅子をずんずん増やしていくホテルマンの姿がおかしくもあった。

  060.gif本年もご指導ご鞭撻賜りますよう よろしくお願い申し上げます                                              

  ※西伊敷町「いしき苑」にて 14:30~15:00
a0219015_17144410.jpg
a0219015_1715174.jpg
 
a0219015_17171665.jpg
a0219015_17175257.jpg


   ※城山観光ホテルにて 20:00~20:40
a0219015_17151641.jpg
a0219015_1716834.jpg

[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-01-02 16:29 | 舞台活動

渡辺家と木村家の結婚式

 三味線のお稽古に来ている原田姉妹の伯母さんにあたる木村亜由美さんの結婚式が 12月3日(土) マリエール神水苑にて行なわれた。制服をビシッと身につけた駐車場誘導(?)の方々が丁寧に指示を出し私たちを振り分けた。車の数も多くなかなか賑わっている様子である。余談だが・・・とても綺麗に改装され、洗練された雰囲気の会館は、熊本市内でも最高級のレベルらしい・・・。 なるほど・・・ 熊本市内では見る事の出来ない程のまるで日本庭園のような贅沢な庭が建物奥には広がっていた。
 我々は、その木村家から披露宴の花嫁入場の時の長持ち唄を依頼されたのである。
a0219015_20541767.jpg

 その他 最近 大分腕をあげたきた目出度い「俵積み」唄。
「プロ」と言うわけではないので そんなに立派には行かないが、ただ会場が盛り上がること、皆さんが楽しんで頂けたらと・・・稽古を重ねてきた。
a0219015_21214978.jpg

a0219015_21211197.jpg

a0219015_21244926.jpg
       小学校一年生 高木広一 長唄「鶴亀」を披露
[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-12-04 21:00 | 舞台活動

吾妻成莉穂の会 2

 
a0219015_19384319.jpg

 昨日11月25日(金)朝九時に集合 子供たちの到着を待ち 10時前に稽古場を出発。
即九州自動車道を鹿児島方面へ下る。
 25日の舞台を前にして 過日から風邪を引き金に声の調子が非常に悪く「筆談をしないとだめですよ」とお医者様から言われるまでになっていた。本当に声が全く出ないのである。出していないから出ないのか??自分でも分からなくなった。黙っていたら出るようになるのか??・・・・・
 お稽古も中止を促された。鹿児島に向かう車中も子供たちを避けた。
 12時10分頃総勢9名 鹿児島県民交流センターに無事到着した。
 午後2時半から舞台リハーサルが始まる。 
  以前出かけたときから2回目の合わせである。
 俚奏楽「雪の山中」を演奏するのだが、今回は成莉穂先生のこの曲に対する思いを膨らませてある。それを狂言師の網谷正美先生が台本にされ、この「雪の山中」が「物語」へと変るのである。 だから日ごろ演奏している「雪の山中」とは大いにかってが違うのである。まさに「手に汗握る」とはこのことなのだろう。緞帳が上がる前 撥を持つ手を何べん持ち直しただろう。緊張の瞬間である。
  しかしお蔭様で演奏はうまく行った。唄もうまく歌えた。
 他に 東北三県の歌 会津磐梯山、斎太郎節、南部俵つみ唄を初め鹿児島の唄も2曲程歌った。
 私の声が元に戻って歌えたことを 同行して頂いた先生方がとても喜んで下さった。
生憎と舞台を降りて会場から全体を見ることが出来なかったので、成莉穂先生を初めとする今回の踊りの方々の素晴らしい切れのある姿を写真に収めることが出来なかったのがとても残念である。
[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-11-26 20:24 | 舞台活動