2012年 01月 25日 ( 1 )

薩摩豪傑節



 次に披露するのは、鹿児島県民謡「豪傑節」
この「豪傑節」は、今 私たちが熊本で歌っている民謡「田原坂」の歌詞と全く同じに歌い始める。
これについては、確かな記録が残っているわけではないが、鹿児島では西南戦争が起きるずっと以前から「豪傑節」と言われる歌があり(今の豪傑節とは違う)、士気をあげるために歌っていたのであろうということであった(鹿児島の郷土史家の話)。
 その後 明治10年に西南の役がおき、その中でもっとも悲惨な戦いの地であった「田原坂」のことを座敷で歌ったのが「田原坂」の歌であり、その歌詞が何故か鹿児島でも歌われるようになっていた。推測によると 作詞したであろうと思われる中の一人である新聞記者が鹿児島へ行き来するうちに両方で歌われるようになったのではないか・・と言うことであった。しかしそれも確かな証拠があるわけではない。
 民謡ブームになる少し前まで「田原坂」が「豪傑節」、「豪傑節」が「田原坂」と勘違いして理解されていたらしいが、それは福岡のトップ歌手であった「赤坂小梅」姐さんが 「豪傑節」の歌を「田原坂」としてレコード化しそれが全国に広まったためその間違いは生じたのである。 イヤつい最近までも そう思っていた人があるが、レコードや今で言うメディア関係の影響は本当に大きいものである。 
 しかしながら悲しいことに鹿児島ではあまり「田原坂」も「豪傑節」も歌われないらしい。
我々は、毎年『民謡田原坂全国大会』を開いて 民謡「田原坂」の普及に努めている。
それは民謡とまた長年植木町に住んでいる私たちの務めであると思っている。
 ちなみに今年の田原坂全国大会は 5月12日(土)である
[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-01-25 22:12 | 舞台活動