父の百か日

 今日10月4日は 父が亡くなって100日目にあたります。
 父は 自分の最期を悟って「あとは頼む」と言って旅だちました。

 人は死んだら まず「お花畑」を一番に目にするのでしょうか?
 ・・・死にかけたという人の話には 必ず「お花畑」が見えて・・と出てくる様ですが、
 私は「その話 本当だろうな・・」って思っています。
 だから あの世に行ったら まず最初にお花畑を歩くのだろうと思っています。
 
  で・・・ その先何処へ行くのでしょうか??
  ずっとずっと「歩く」らしいのですが・・・ 何処へ行くのでしょうか??

  ・・話によると あの世へ旅立つ時には 誰かが迎えに来られるそうです。
  良いことをした人は 良い人が・・。悪いことをした人は恐い人が来るのではないでしょうか。

 
  祖父は今際の際に「観音様 迎えに来られましたか」と言ったそうです。
 仏様に一所懸命尽くした人でしたから それもありうることだと思っています。

 
 でも ある人の話では 黒い影の人が二人来て両脇を抱えられた・・・と言ったそうです・・

 そして とても悪いことをした人は 火の車が直行便で地獄へ連れて行くらしいのです???。

 だから嘘をつくのもいけません。人をだますのもいけません。欲をかくのもいけません。

 一番いけないのが 自殺だそうです。
 頂いた命を 自ら断つことは あってはならないことなのです。

 
   ・・・いやいや 今日はなんとなくそんな気分になりました。



[PR]

by honjoh-hidemi | 2013-10-04 19:33 | 宗教