山鹿温泉 さくら湯 開湯式

 今日は 山鹿の「さくら湯」の開湯式。
 熊本城主 細川藩初代藩主・細川忠利公が 大変山鹿の温泉が気に入り、寛永17年(1640年)に 休泊所として山鹿の地に「御茶屋」を作った。それが「さくら湯」の始まりだそうな・・・。

 私が知っている「さくら湯」は 山鹿温泉プラザビルの1階にあり、山鹿の大衆風呂として賑わっていた。
それがプラザビルの建て替え?に伴ってか・・さくら湯の建て替えでか よく知らないけれど 今度 ビルは新しく建て変わり さくら湯は 江戸期の建築様式を色濃く残す「大浴場」として復活した。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今日は その開湯式。
朝早くから出かけた。

a0219015_1926473.jpg
a0219015_1927350.jpg
   

 
a0219015_19441786.jpg
a0219015_19443697.jpg


a0219015_1952291.jpg
a0219015_19531799.jpg
a0219015_19521641.jpg
 

  なかなか 評判がよかったそうな・・・「米原ばやし」
頑張った甲斐があったね! 市役所の若手男性諸君!!
[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-11-23 19:55 | 伝統芸能