秋の文化祭

 明日は 民謡部門の文化祭
部門・・と言っても植木町文化協会に所属している三味線部門は我々しかいないから秀美会の文化発表会と言ってもおかしくないのだが・・。
 しかし 昨年からは 着付け教室と合同開催をしている。

 着付け教室は、プログラムの真ん中ほどで約20分の時間で 基本的な着物の着方、帯の締め方等のお手本を示される。さすがにこの時のモデルさんはきれいに着物を着こなし・・・「着物って良いよね」って思わせる。こんな時 私もゆっくりと着付けを見たいのだが・・どうも気が落ち着かなく折角の機会をいつも逃してしまっている。もったいない気がしないでもないが・・・。

 今日はそんなこんなで お昼から明日の通し稽古をした。
子供は授業参観!ということで貴重な三人が欠席。
残りの三人で頑張るしかない。

 踊りもなるべく入れるようにしているし・・
プログラムは明日の朝から印刷するとして・・・

 いつものことながら 観客が少ないのが 誠に誠にさみしい限りだが・・
  マ いいか! 

 私のコーナーは、「肥後の女」の他に 新曲の「セイショコさん」を発表することにした。
3年ほど前から尺八の稽古を!ということで うちのお稽古に時々遊びに来ている「濱口さん」が作詞したものに曲をつけた。

「詩」があると非常に有難い。
その詩によって曲のイメージが出て来る。
しかし自分が作った詩では どうも自分の域が越えられなくて 何となくぱっとしない!

取り敢えず 頑張ろう!

どうぞ明日がうまくいきますように
[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-11-03 19:46 | 秀美会