第22回 鹿北茶山唄全国大会

 今日は「岳間のお茶」で有名な山鹿市鹿北町で開かれた「鹿北茶山唄全国大会」の日。
総勢297名が応募した民謡の大会である。
 鹿北茶山唄には「のぼり唄」、「摘み唄 揉み唄」 「仕上げ唄」の三段階の唄がある。
今 我々が本丸御殿等で歌っているのは「摘み唄、揉み唄」であり、今日の大会は「のぼり唄」の大会である。

  
 時間の都合で 上り唄も歌うことになった。
 「摘み唄 揉み唄」をやっと覚えた頃だった・・。

いつも大会の終わりには 保存会の方々による歌と踊りの披露がある。
a0219015_210088.jpg
         「のぼり唄」の踊り

a0219015_211051.jpg
         「摘み唄 揉み唄」の踊り

a0219015_2104244.jpg
        「仕上げ唄」の踊り


今後は 「仕上げ唄」を勉強していきたい
[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-10-28 21:06 | 伝統芸能