「曲を作ること」

※「山頭火」「セイショコさん」「新はんや節」「山鹿の曲」「植木の曲」etc.
作りたいと思うテーマはあるけれど 歌詞を作るのもそうだけど 曲を作るのもなかなかまとまらない。 
まず「歌詞」があって そこから湧き出るような雰囲気があれば なんとなくイメージが出て来る時もあるのだけれど いざそれをまとめるとなると なかなか思うように運ばず・・延々とかかってしまう。
時間があるときは なるべく曲の構成に取り組むようにしている今日であるが・・・・。

 先日 柴田さんのブログ(徒然なか話)でも紹介されていた8月2日の「和水町の古墳祭り」
今村さんの「ただ今修行中」のブログでも こわらべちゃんたちが 和水町の踊りを必死で稽古している様子が書いてあったが、我が子供たちも「和水町数え歌」を歌うようになっているため 稽古をしている。
 
なんてことない歌なのだが・・なんか耳に残り「いいな」って思う。
引き出しがたくさんあるといいのだけれどもな!

         和水町数え歌 作詞:江上隼人

一つとや 肥後の玉杵名(たまきな) 和水町 和水町 希望(ゆめ)があふれる 人光る ソレ 人光る
 ※アーア どどんとこい どんとこい

二つとや 船山古墳は 日本一 日本一  古代の郷(さと)を今に見る ソレ 今に見る

三つとや 見れば見るほど 素晴らしい 素晴らしい  資料館(やかた)の出土品 ソレ 出土品

 
四つとや 四方山話(よもやまばなし)に 花が咲く 花が咲く  民家村の古民家群 ソレ 古民家群

 
五つとや いつも滔滔(とうとう)菊池川 菊池川豊かな水は 郷(さと)作る ソレ 郷作る

六つとや 迎える橋は 縄文橋 縄文橋  眺めは抜群 つり橋だ ソレ つり橋だ

七つとや なにしろよかとこ ロマン館 ロマン館 郷(さと)の名産 よか野菜 ソレ よか野菜

八つとや 山は深いぞ日平城址(ひびらじょうし)日平城 勇者(つわもの)ども トキの声 ソレ トキの声

九つとや 虚空蔵(こくうぞう)古墳は 未発掘 未発掘 中にはどっさり 宝物 ソレ 宝物

十とや トンカラリンは謎の洞 ナゾの洞 主(ぬし)は誰やら 何のため ソレ何のため
[PR]

by honjoh-hidemi | 2012-07-18 23:29 | 民謡活動