「伝えうた」-福岡vol.4

 本條流家元で作曲家でもある本條秀太郎先生による「伝えうた」の公演が 今度の日曜日福岡のパピオン24ガスホールで午後三時半から開催される。
 「伝えうた」とは一般で言えば「民謡」ということになるのだが、本條秀太郎先生は今唄われている民謡とは違った感覚で「うた」をとらえられている。
 ・・・ウウウウ・・ンンン・・・・・なかなか言葉で表現するのは大変難しいのだが、今唄われてる民謡ではなく 昔から唄われてきた素朴な・・当時の気持ちが今に伝わるような「うた」を表現しようと 「伝えうた」 として公演が行われている。今回が4回目になる。
a0219015_0123121.jpg

 本條秀太郎先生は『三味線』の名手として日本に名前を轟かせているのだが、何のナンノ・・実はそれよりも何より 唄がなんとも言えずうまいのだ。本当に味のある、色気のある生きた唄をうたわれる。私達なんぞは、到底足元にも及ばない。あれはそもそも・・天性であり 天才である。
 しかしながら その「音」をいつも耳にすることにより 少しでもそれに近づきたいという かすかな希望を持ってせっせと長年本條秀太郎先生のお稽古場に足を運んでいるのである。
 三味線が背景を描き 唄がその心を物語る。
・・お時間があれば どうぞお越しください。 チケット 無料で差し上げます!!
[PR]

by honjoh-hidemi | 2011-09-16 21:10 | 伝統芸能